丈夫な体にしたいならβグルカンを毎日摂取しよう

夫婦

不足した栄養素を摂取する

サプリ

2つの違いと効果

スピルリナとユーグレナはよく似ているので、何が違うのかよくわからないという人も多いす。しかし、全く別の物です。どのような違いがあり、どのような効果があるのかをみてみましょう。スピルリナは熱帯地方の塩湖で育つ藍藻類です。60種類以上の栄養素を含んでいますが、ビタミンCが少し少な目です。味は海苔に似ていて体内での消化率も高く、2時間で約95%だというデータが発表されています。スピルリナは大型の藻類になりますので、収穫が簡単で安価で手に入りやすいという特徴があります。栄養面ではスピルリナ特有のフィコシアニンという青色の色素が活性酸素の除去する効果が期待できます。また、免疫力の向上や抗炎症作用による痛みの抑制といった効果をもたらしてくれるのです。ユーグレナは動物と植物両方の性質を持っているもので、スピルリナの10分の1の大きさしかありません。採取するときに遠心分離機などを利用しなければいけないので、比較的価格が高額になってしまいます。ユーグレナも消化率が高く、93.1%というデータが発表されています。ユーグレナ特有の成分としてはパラミロンがありあります。パラミロンは、体内の中性脂肪やコレステロールなどを、身体の外に排出するデトックス効果があるといわれています。スピルリナもユーグレナも、毎日の食生活で不足しがちな栄養素を簡単に取りいれることができます。それぞれの商品にも様々な種類があるため、まずはどのような効果を得たいかを明確にしてから選ぶようにしましょう。